株式会社日経リサーチ様 導入事例

自分たちにとっての「DX」を整理し、アクションプランを策定

株式会社日経リサーチ

事業部名:新規事業開発・DX推進
担当者名:金沢 浩明 様
業種:総合調査サービス
従業員数:208人
HP:https://www.nikkei-r.co.jp
導入の背景 DXの推進のプロジェクトが発足し、自分たちの「DX」とは何か、改めて考える必要があった
導入の決め手 社風とも共通する誠実なサービスと対応
導入後の効果 ワークショップでの課題整理が非常に有意義で、課題の論点が明確になった。参加した各事業部門のトップからも好評だった

ー御社のサービスと金沢様のお仕事について教えてください。

 「日経リサーチは日本経済新聞社100%出資の総合調査会社です。マーケットリサーチをはじめ、世論調査や官公庁の大型統計調査など様々なリサーチ業務、それと関連する周辺業務を、新しいサービスの導入やグループ企業との連携も含めて、幅広く展開し始めています。私は新規事業開発とDX推進を担当しています。」(金沢氏)

ー「DXの始め方」導入前はどのような課題を抱えていたのでしょうか?

 「DX推進は当社にとって主な経営課題の一つです。また、調査会社として、DXは多くの顧客企業の皆様にも共通する重要テーマであると感じています。DXの解は企業ごとに様々だと思います。当社もいったん基本に立ち返る形で今後のDXをATLIKE社と一緒に考えていくことで、得られるものがあると考えました。 」(金沢氏)

ー「DXの始め方」導入の決め手は何でしょうか?

 「田代社長とオンラインで話をして、コンサルタントとしての豊富な実績に加えて、とても誠実なお人柄を感じたことです。課題への向き合い方の真剣さが、当社の社風とも共通する面があると思いました。」

ー「DXの始め方」を実際に体験してみていかがですか?

「ワークショップには各事業部門のトップに参加してもらったのですが、忌憚のない意見がたくさん出て有意義でした。他の部門の考えが聞けたのがすごく良かったという参加者の声もありました。課題の整理の仕方もテキパキしていて、こういう風にまとめるのかと、とても参考になりました。 」(金沢氏)

今後の展望

「もちろんワークショップの三日間だけですべて結論が出たわけではありませんが、課題の論点が明確になったことで、今後進むべき方向性が社内に浸透しやすくなったと思います。これを機に一層、世界により多くの気づきを与えることのできる付加価値の高いサービスの提供を、DXを推進しながら実現していきたいと思っております。 」(金沢氏)

ビジネスの見直しでお悩みの方は お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
営業時間:9:30 - 18:30
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
サービスの詳しい資料はこちら