株式会社サンメカニック様 導入事例

ワークショップで現状の課題を見える化

  

株式会社サンメカニック

担当者名:松山 英樹 様
役職:代表取締役
業種:ロボットシステムインテグレータ、クレーン
HP:https://www.sunmechanic.co.jp/
導入の背景 日々の業務に追われており、新しい事を検討・挑戦する時間の確保が難しい状況であった
導入の決め手 参加メンバーから課題をヒアリングすることで、様々な立場から会社の将来像や現状の課題について奇譚のない意見を知ることができると思った
導入後の効果 各部署でどのような課題に直面しているのかをメンバー間で共有ができ、課題が整理されたことで、取り組む内容が明確になった

ー御社のサービスと松山様のお仕事について教えてください。

株式会社サンメカニックは、 FA・FMSの設計施工をはじめ、確かな技術と豊かなノウハウでロボットとクレーンのトータルFAシステムをサポートし、且つ環境にも配慮したスペシャリスト企業として深く社会に貢献していく会社です。
私の仕事は、人財を大切にし、一人も脱落させず個性を最大限伸ばし、全員が輝けるようにしていく事です。
私達は、顧客満足と人財創造へ限りなく挑戦し続けております。 (松山氏)

ーワークショップの実施前はどのような課題を抱えていたのでしょうか?

・新しいことに挑戦しようにも、目先のことをこなすに精一杯
・メンバー間において技術力に格差が広がってしまっている
・自分の仕事の棚卸をしていない為、一人で抱え込む傾向が見られる
・部署間異動がないため、ずっと同じ仕事をしている
・高齢になると身体的衰えにより続けることが難しい
など (松山氏)

ー導入の決め手は何でしょうか?

このワークショップを実施することで、社内に求められる変化や、個々の持ち場・立ち場にある課題を共通し、優先順位と期間を決めて進めていく方針ができればと思い、やってみようと思った。(松山氏)

ー実際に体験してみていかがですか?

課題に関してはある程度予想通りではあったが、改めて整理して確認することができたので良かった。

参加したメンバーも会社の事を考える良い機会になったとの意見が多かったので、課題の検討や部を跨いでの意見交換の場は定期的に実施したいと思う。 (松山氏)

ー今後の展望について教えてください

今回整理された課題を一つずつクリアしていく事で、ビジョンに近づいていきたいと思う。業務効率化の観点では、「ヒト」がやる領域と「システム」に任せる領域を早めに分けていきたいと思う。

効率化により生まれた時間を活用して「お客様に喜んでもらえる事」に加えて、「もう一手間喜んでいただける事」を届けられるようにしていきたい。 (松山氏)

ビジネスの見直しでお悩みの方は
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
営業時間:9:30 - 18:30
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
サービスの詳しい資料はこちら