Blog

サービスの詳しい資料を今すぐダウンロードする
catch-img

【DX基本編】在庫管理におけるDXの始め方

どの業界においても、在庫管理はビジネスに大きく影響します。特に製造業や建設業、小売業にとって在庫は事業の心臓部とも言える重要な資産ですから、その管理システムの最適化が成長の絶対条件になります。本稿ではその共通課題を整理し、解決に向けたDXを紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.はじめに
  2. 2.在庫管理の課題とソリューション
    1. 2.1.非効率性
    2. 2.2.在庫の可視性
    3. 2.3.誤って配置された商品の特定
    4. 2.4.過剰在庫の発生
    5. 2.5.オペレーターの研修
    6. 2.6.点在する在庫拠点間の連携
  3. 3.まとめ


はじめに

問題解決への第一歩は、「課題の特定」から始まります。そしてアプローチには以下2つの方法が挙げられます。


(1)各課題に対し、異なる解決策を施行

(2)全課題へのワンストップソリューション


前者の場合、異なるソフトウェアからの取得データを複数のデータベースに統合しなければならず、時間と費用を要します。後者で包括的な解決が可能であれば異なるプロセスをシームレスに統合できるため、こちらの検討から始めるのが良いでしょう。


次章では在庫管理のあらゆる課題をあげ、システムの導入でどのように解決できるか説明します。


在庫管理の課題とソリューション

非効率性

膨大な在庫を手動で管理すれば、時間だけでなく人的ミスの生じる可能性が高く、顧客の信頼を得ることも難しくなります。

ソリューション例:IoT対応の在庫管理システム

入荷から出荷までを追跡できるようになります。プロセスを合理化できる在庫管理システムは、リアルタイムのデータを提供するため在庫の効率を大幅に向上させます。


在庫の可視性

在庫有無や所在の特定が困難な場合、期限通りに出荷できません。したがって、在庫の正確性や見つけやすさを担保することが重要です。

ソリューション例:リアルタイム管理システム

在庫状況からロケーションデータまで、100%の精度で把握することが可能になります。


誤って配置された商品の特定

多くの店舗には商品や設備を追跡できるシステムがなく、在庫から販売商品を探すのに膨大な時間がかかります。

ソリューション例:商品ファインダー

商品ひとつひとつにQRコードやRFIDタグ、バーコード等を付けることで、商品の特定が容易になります。スタッフがすべきはスキャナーを持つことだけで、これで商品を読み取ると在庫情報が表示されます。したがって在庫確認から販売までのサイクルを短縮できます。


過剰在庫の発生

在庫把握不足から誤って商品を入荷し、過剰に在庫を抱えてしまえば、経費の増加や材料の無駄遣いにつながります。例えば見込み通りに売れなかった商品に再びニーズが生じた場合、既に所持していることに気付かず新たに入荷してしまうケースがあります。

特に、手動の在庫管理下であれば計上ミスから過剰在庫も発生しやすくなります。

ソリューション例:在庫管理・監査システム

このアプリケーションは忘れ去られて倉庫に眠っている資材や商品を見つけ出し、活用するのに大いに役立ちます。


オペレーターの研修

在庫管理に多くの手動プロセスが伴えば、オペレーターへの研修も大きな負担になります。しかし訓練不足のまま非標準的な手順で作業を行ってしまえば、在庫の欠陥や無駄な時間が発生しかねません。そのコストは膨大で、顧客の不満にもつながってしまいます。

ソリューション例:最新の在庫管理ソフトウェア

プロセスが合理化すれば、オペレーターの仕事も一貫し分かりやすくなります。研修が容易になると共にミスを防ぎます。


点在する在庫拠点間の連携

在庫の拠点が点在すれば、管理は一層難しくなります。出荷時には在庫確認に大変な手間がかかり、遅延の原因となります。これは、いまだに多くの企業が直面している根強い課題の1つです。

ソリューション例:拠点をまたいで一元化した在庫管理システム

在庫データを一元的に管理できるため、追跡・管理が正確かつ容易になります。


まとめ

在庫管理には、デジタル化された高度な在庫管理システムの構築が不可欠です。IoTやリアルタイム追跡等あらゆる機能を搭載すれば、複数の課題に包括的にアプローチすることも可能になります。こうして正確で効率的な在庫管理が実現すれば、顧客満足度を上げる為の施策・検討にも時間が使え、より良いサイクルが回るようになるのではないでしょうか。

今一度在庫管理のありかたを見直し、DX(改善)を検討してみてはいかがでしょうか。

ビジネスの見直しでお悩みの方は
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
営業時間:9:30 - 18:30
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
サービスの詳しい資料はこちら

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧